記事一覧

ルイヴィトン×一生もの腕時計2選!


実は本場スイス仕込みの本格仕様……、ヴィトンは“一生もの”として末永く愛せます

女性なら誰もが知るフランスのハイブランド『ルイヴィトン』。2002年に時計市場に参入して以来、時計界の本場スイスに専門のアトリエを構えるなど、短期間で時計好きもうならせるようなブランドに成長しています。

アンプリーズ 腕時計

23×23mmの小ぶりなケースが可愛らしい「アンプリーズ」は、ブランドの成長とともに人気を集めているシリーズ。トランクのデザインから着想を得た正方形のケースで、「ブランドの精神を毎日身につけられる」と、ファンの心をくすぐる一品。
そしてこのモデルは、ルイヴィトンのトランクの内装パターンをメタルブレスレットで表現。歴史あるモチーフが現代的に昇華されたデザインは、長年寄り添える普遍性を備えて。

タンブール モノグラム 腕時計

ルイヴィトンのアイコン「モノグラム」を文字盤とベルトにあしらった“ヴィトンらしい”デザインが人気の秘密。

丸型フェイスは服を選ばず何とでも合わせやすく、ケース径が3種類(28mm・34mm・39.5mm)あるので自分好みが選べるのも◎。彼氏や旦那さんとお揃い(ペアウォッチ)もできます。

2021オメガの人気腕時計♪_オメガ(OMEGA)


オメガはオリンピックやアポロ計画の公式時計に採用されるなど、その「圧倒的な信頼性」において他を一歩リードするスイスの高級腕時計ブランド。

「世界中のセレブに愛用されている」女性に1番人気のあるエレガントでドレッシーなモデル。コンステレーションは英語で”星座”を意味していて、6時位置に星のマーク、裏蓋には天文台が刻まれています。

 デ・ビル プレステージ 
新品 オメガ OMEGA シーマスター | メンズ ブランド腕時計専門店
フランス語で”街角”を意味するデ・ビルは、格調高いクラシックエレガントをベースに、普段使いもしやすいよう実用性も加味したドレスウォッチです。

 シーマスター アクアテラ  

本格的な防水機能と洗練された高級感をあわせ持つエレガントダイバーズモデル。豪華ヨットのウッドデッキをイメージした「縦縞ギョーシェ模様」のダイヤルと150m防水が特徴。

こんなキーケースが人気です♡—マークジェイコブス


「価格以上のリュクス感がある」「シンプルでどんなスタイルにも合わせやすい」、そんな好評な意見が多いマークジェイコブスのキーケース。
マークジェイコブスはここ数年、通勤バッグやデイリーバッグを中心に10代後半~50代の幅広い年代に支持されている、いま大注目のトレンドブランドです。
VERY、Oggi、CLASSY、AneCanなど雑誌掲載も毎月多数。流行に乗るならこのブランドは外せません。

【Gotham Key Case】
自然な風合いを残したシボ感のあるカウレザーを使ったキーケース。丈夫でキズが付きにくくデザインはシンプル。デイリーユースに最適です。

【Gotham Key Pouch】
ちょっとした小物も入れておける、中にキーリングが1つ付いたキーポーチ。素材は上記と同じカウレザー。大きめのジップトップが可愛いアクセント♪

【J,Marc. Key Pouch】
少しハードに使っても大丈夫。耐久性の高い硬めのゴートレザーを使ったマルチキーケース(小銭入れ+キーリング)。中央にアンティークゴールドのハードウェアをアクセントにしています。

フェラガモでおすすめのバッグ


エレガントでいて実用的
イタリアを代表するラグジュアリーシューズブランドのフェラガモは「高級靴」というイメージが強いですが、バッグブランドとしてのフェラガモには”エレガントで実用的”という大きな魅力が備わっています。
実際に靴作りで培われた技術や機能性の高さは、バッグ作りにも活かされています。

アイコニックなダブルガンチーニがアクセントになったハンドバッグ。スクエアフォルムのスタイリッシュなデザインと、2つのコンパートメント+ジップ付きで機能性も十分あります。

優雅なフラップポケットと3つに分かれたコンパートメントが特徴的なフィアンマバッグ。

丸みのある可愛いフォルムが素敵な小ぶりなハンドバッグ。取り外しなショルダーストラップと、後ろには便利なジッパーポケット付き。

マイケル マイケル・コースの新作バッグ

マイケル マイケル・コース(MICHAEL Michael Kors)の新作バッグを紹介。

「MK サークルロゴ」ラインの新作として、MKロゴをサークルで囲んだ“MK ロック”クロージャーを配したバッグ「カルメン エクストラスモール フラップサッチェル」が登場。淡いピンクのソフトな色味が、上品さを演出する。

傷がつきにくいサフィアーノレザーで仕立てているため、簡単にケアすることができるのも魅力。また、チェーンストラップ、ロングショルダーストラップは取り外せるので、シーンに合わせてショルダーバッグとしてもハンドバッグとしても使うことができる。

タンク ルイ カルティエ


1917年に誕生した「タンク」シリーズ。丸型フェイスが主流だった当時、直線が際立つ幾何学的なシルエットはとても革新的で、時計史を動かした名品。現在までさまざまなバリエーションが発表されていますが、この「タンク ルイ カルティエ」は、当時のデザインを最もよく引き継いでいると言われるモデル。
ポリッシュされたゴールドのケースに象徴的なローマ数字の文字盤。気品の漂う伝統的なデザインは普遍性にあふれ、何十年先も廃れない魅力を保証する一本。

エベル×一生もの腕時計


ベルーガ トノー ミニ マカロン(日本限定モデル)

優しい曲線を描く華奢なトノー(樽)形のケースが、かわいげと色気を両立する絶妙なデザイン。『エベル』ならではの女性らしい印象をスマートニ表現した1本。きちんと感がありつつ、さりげない華やかさもあるデザインは、オフィスで身につける時計の条件にもマッチ。
■275,000円 / ケースサイズ:直径23mm / クォーツ

ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)の腕時計コレクション「パトリモニー」の「パトリモニー・オートマティック」より新作のユニセックスモデルが登場。通常モデルは2019年12月、ベゼルダイヤ付きモデルは2020年2月の発売を予定している。

「パトリモニー」は、2004年に誕生した、無駄の無いミニマルなラウンド型フォルムと洗練された表情が魅力の腕時計シリーズ。今回登場する「パトリモニー・オートマティック」の新作モデルでは、ミッドナイトブルーのダイヤルとピンクゴールドのケースを組み合わせた、36mmと36.5mmの2サイズを用意する。

ミッドナイトブルーのダイヤルの上には、ケースと同色のピンクゴールドのアワーマーカー、ミニッツトラック、針を配置し、統一感のあるエレガントな印象に。さらに、12時位置にはヴァシュロン・コンスタンタンのマルタ十字ロゴとネームをデザインした。

通常のモデルに加えて、ベゼルに68個のラウンドカットダイヤモンドをセットしたモデルも登場。ベゼルだけでなく、リュウズにも輝く1粒のダイヤモンドを使用している。

また、透明のケースバックから覗くのは、ヴァシュロン・コンスタンタンのマルタ十字を象った22Kゴールドのローターが目を惹く、自動巻きムーブメントのキャリバー2450 Q6/2。なお、通常モデル、ベゼルダイヤ付きモデルともに、ダイヤルと同じミッドナイトブルーのアリゲーターストラップが付属する。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ