記事一覧

ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)の腕時計コレクション「パトリモニー」の「パトリモニー・オートマティック」より新作のユニセックスモデルが登場。通常モデルは2019年12月、ベゼルダイヤ付きモデルは2020年2月の発売を予定している。

「パトリモニー」は、2004年に誕生した、無駄の無いミニマルなラウンド型フォルムと洗練された表情が魅力の腕時計シリーズ。今回登場する「パトリモニー・オートマティック」の新作モデルでは、ミッドナイトブルーのダイヤルとピンクゴールドのケースを組み合わせた、36mmと36.5mmの2サイズを用意する。

ミッドナイトブルーのダイヤルの上には、ケースと同色のピンクゴールドのアワーマーカー、ミニッツトラック、針を配置し、統一感のあるエレガントな印象に。さらに、12時位置にはヴァシュロン・コンスタンタンのマルタ十字ロゴとネームをデザインした。

通常のモデルに加えて、ベゼルに68個のラウンドカットダイヤモンドをセットしたモデルも登場。ベゼルだけでなく、リュウズにも輝く1粒のダイヤモンドを使用している。

また、透明のケースバックから覗くのは、ヴァシュロン・コンスタンタンのマルタ十字を象った22Kゴールドのローターが目を惹く、自動巻きムーブメントのキャリバー2450 Q6/2。なお、通常モデル、ベゼルダイヤ付きモデルともに、ダイヤルと同じミッドナイトブルーのアリゲーターストラップが付属する。