記事一覧

高級機械式腕時計の人気が高まっています。

最近はスマホと連携のできるスマートウォッチがトレンドになっていますが、ビジネスパーソンには、高級機械式腕時計の人気が高まっています。機械式腕時計とは、動力に電池を用いず、ゼンマイを巻いて針を動かすメカニカルな構造を備えたモデルのこと。その王道にして、“一生に1度は着けてみたい”憧れのブランドがロレックスです。

ORIENT(オリエント)

1965年に誕生した国産ダイバーズを復刻。ISO準拠のダイバーズではないが、20気圧の高防水は日常でも心強い。ブラウングラデーションのダイヤル外周に、潜水時間を計るインナーベゼルを装備。その大振りな目盛りが、個性的な印象を醸し出す。さらに6時位置の曜日表示が、日本語表記なのもユニーク。SSケースにメッキでブロンズカラーを再現。

ダイバーズ 65

1965年製ダイバーズの復刻として2015年に誕生したモデル。今ではオリスの顔の1つとして、豊富なラインアップを展開している。その中でこちらは、最もベーシックなSSモデルだ。サファイアガラスはドーム型にして、往時の姿を忠実に再現した。針とインデックスのベージュの蓄光塗料が、深いブルーのダイヤルにクッキリと浮かび上がる。

キャプテン クック オートマティック

内側に傾斜した逆回転防止ベゼルや大型のアロー型針、ケースサイズなど1962年のオリジナルのスタイルを再現。現代的なテイストを盛り込んだ。サンレイ仕上げによるメタリックな質感のダイヤルは、日付表示の数字の赤と相まって華やか。ベゼルにはハイテクセラミックスが採用され、マテリアルもアップデート。100m防水。自動巻き。

腕を振るだけで内部にあるローターが回転しゼンマイが巻き上がる自動巻き機構など、腕時計史に残る革新的な機能を次々に開発してきました。多彩なラインナップをそろえていますが、一般的には、『デイトジャスト』や『オイスターパーペチュアル』のようにシンプルで視認性に優れた“ベーシックモデル”と、クロノグラフ機能をもつ『デイトナ』や潜水用防水構造を備えた『サブマリーナ』など、基本性能にプロフェッショナルな機能を加えた“スポーツモデル”が愛用されています。


【関連記事】:新作ファッションコーディネートをごゆっくりご覧ください

トラックバック一覧

コメント一覧

tote711 安全なサイト URL 2022年05月13日(金)11時17分 編集・削除

スーパーコピー安全なサイト必ず届く ブランドコピー後払い優良サイト